0157-66-2255
0157-66-2255

北見小児科のホームページ

北見市にある小児科の病院です。
保育士求人
病児保育室「すくすく」

秋山院長からのお知らせ

小児科院長のイラスト
電話受診に関するお知らせ

新型コロナウイルス感染症の患者数増加に伴い、下記の患者さんを対象に電話受診も受け付けます。
ご希望の方は、診療時間内にお電話下さい。


○電話受診可能な方
当院を複数回以上受診し、慢性疾患等を有する定期受診患者
例)アレルギー性鼻炎、喘息、夜尿症など

○電話受診の方法
まずはお電話して下さい。診療録、保険の確認後、医師が問診致します。
発行した処方箋は、調剤薬局にFax致しますので、薬局でお薬を受け取って下さい。

○注意事項
他院での定期処方をご希望の方、風邪症状や外傷などの急性疾患の方は利用できません。




新型コロナウイルス感染症について

市内でも感染者が出ており、今後も感染が拡大していくことが心配されます。
連日多くの報道がなされ、不安に思われている方も多いと思います。
最新の情報に関しましては、厚生労働省ホームページをご参照下さい。


知っておいてほしい情報と行動

1. 感染症の臨床的特徴が明らかになってきました。
感染経路は飛沫・接触感染です。感染を受けたほとんどのひとは、無症状で経過すると思われます。感染を受けた人の中で潜伏期間(1-12.5日)ののち一定の割合で発熱、呼吸器症状(咽頭痛、咳)などが認められるようになります。これらの症状が1週間前後と通常の風邪より長引くことが多く、強いだるさを訴える人が多いことが特徴とされています。4日過ぎても、発熱が続く、特に1週間目においても、発熱が続く場合、息が苦しい、呼吸器症状が悪化するなどを認めた場合は、肺炎の合併が疑われますので、帰国者・接触者相談センターに連絡しましょう。

2.1週間以内に症状が軽快しそうであれば、自宅での安静で様子をみます。
軽い風邪症状のみであり、徐々に軽快していくようであれば、自宅での安静で様子をみましょう。新たに出現した感染症の場合、重症者以外に、実際には無症状~軽症の人が何倍も多く存在すると考えられており、新型コロナウイルス感染症も同様です。軽症例は特に治療の必要もありません。ただし、家族など身近な方への感染に気をつけ、家族と接するときのマスク着用と、こまめな手洗いや手指消毒を心がけましょう。

3.1週間以上熱が続く、呼吸苦、呼吸器症状の悪化が見られる場合には医療機関へ
4~7日間ほど経過しても、熱が続く、呼吸が苦しくなってきた、咳、咽頭痛が悪化している場合は、帰国者・接触者相談センターに相談する必要があります。1週間未満であっても、高熱、呼吸困難がみられる場合には肺炎の合併を疑います。速やかに帰国者・接触者相談センターに相談して、帰国者接触者外来のある医療機関を受診して下さい。また、その際はマスクを着用するなど周りへの感染に配慮して下さい。

4.高齢者・基礎疾患を有する人は外出を控える、人混みの中に入らない。
高齢者や基礎疾患のある人で重症化しやすいことが、明らかになっています。幸いにも、小児においては重症例が少ないことが報告されています。基礎疾患としては、糖尿病、心不全、腎障害・透析患者や、生物学的製剤、抗がん剤、免疫抑制剤投与患者などがあります。妊婦においても同様です。

※ 北見地域「帰国者・接触者相談センター」

北見保健所                0157-24-4171  平日8:45~17:30
北海道保健福祉部健康安全局地域保健課   011-204-5020  平日17:30~21:00  土日祝9:00~21:00


現状、新型コロナウイルス感染症に対する窓口は、帰国者・接触者相談センターになっておりますが、今後、感染者の増加に伴い、クリニックなどの一般医療機関が窓口となることが予想されます。その際は再度、お知らせ致します。
最近、クリニック受診に関する相談のお電話を頂くことが多くなっています。軽微な風邪症状であり、児の活気に問題がない場合は、すぐに受診はせず、まずは自宅で安静に過ごしましょう。高熱でつらい、夜咳で眠れない、飲水困難・食欲低下、活気不良等の症状がある場合は、インフルエンザや気管支炎の可能性もありますので、ためらわず受診をして下さい。その際は必ずマスク着用をお願いします。症状が1週間以上続き、息苦しさがある場合は、帰国者・接触者相談センターに連絡をお願いします。新型コロナウイルスも一般的な風邪ウイルスも、最終的には自分の免疫力で治癒していきます。自分の免疫力を発揮するためには、病気と闘う体力を維持することが大切です。つまり安静や十分な睡眠などの休息が一番の治療方法ともいえます。風邪症状のある人もない人も、咳エチケットや手洗い、手指消毒はもちろんのこと、過度なストレスを避ける、規則正しい生活を行う、など自分自身と家族の健康管理について再度見直してみて下さい。





お知らせ

スマートフォン&携帯サイトについて

Copyright © 2020 北見市 小児科 秋山こどもクリニック

小児科HOMEへ戻る
0157-66-2255
0157-66-2255

小児科の予約メニュー

予約

Copyright © 2020 北見市 小児科 秋山こどもクリニック

小児科HOMEへ戻る
0157-66-2255
0157-66-2255

小児科の病院案内

北見市小児科病院の案内

病院案内

Copyright © 2020 北見市 小児科 秋山こどもクリニック

小児科HOMEへ戻る
0157-66-2255
0157-66-2255

北見市にある小児科病院の地図

アクセス

地図

Google マップへ

住所

  • 〒090-0051
    北見市高栄東町1丁目24-20
  • TEL:0157-66-2255

道順のご案内

「夕陽ヶ丘通り」経由での道順をご案内します。

網走方面から:
夕陽ヶ丘通りを西に進み、イオン北見店を過ぎ、右側にガソリンスタンドある交差点を右折した約100m先にあります。
相内方面から:
夕陽ヶ丘通りを東に進み道立北見病院が見える交差点を左折した約100m先にあります。

Copyright © 2020 北見市 小児科 秋山こどもクリニック

小児科HOMEへ戻る
0157-66-2255
0157-66-2255

北見市の小児科病院の携帯スマートフォン版について

操作案内

スマートフォンサイトについて

秋山こどもクリニックのウェブサイトはスマートフォンでもご覧いただけます。
スマートフォン版は、パソコンと同じアドレスでご覧いただくことで、自動的に観やすいレイアウトに変更されます。

スマートフォン向け

北見市の小児科病院のスマートフォン版
北見市の小児科病院のスマートフォン版

右のQRコードを読ませるだけでアクセスしていただけます。

Copyright © 2020 北見市 小児科 秋山こどもクリニック

小児科HOMEへ戻る
0157-66-2255
0157-66-2255

北見市の小児科病院からのお知らせ

お知らせ

WEBサイトをリニューアルしました。

  秋山こどもクリニックのWEBサイトをご覧いただきまして誠にありがとうございます。
この度、当院のサイトをリニューアル致しました。

当院からの情報をいち早く簡単にご覧いただけるよう、シンプルなデザインにしました。
また、携帯電話はもちろん、スマートフォン及びタブレットに対応し自動的に見やすいレイアウトに変更されます。
今後もより使いやすいWEBサイトになるよう改善してまいりますので、是非ご利用ください。

スマートフォン&携帯サイトについて

Copyright © 2020 北見市 小児科 秋山こどもクリニック

小児科HOMEへ戻る