0157-66-2255
0157-66-2255

北見小児科医師が書いた子育てアドバイス

こどもとスマホその② 『スマホ育児』は大丈夫?

近年、「スマホ育児」という言葉が多く聞かれるようになりました。もともとスマホを用いて 知育やしつけ用のアプリを利用することを示したものでしたが、最近はスマホやタブレット端末を 子どもに持たせ、アプリや動画などで自由に遊ばせたり、子守り中に親がスマホを動作している 状態を示す言葉となっています。

2013年、日本小児科医会が「スマホに子守りをさせないで」というポスター(図)を発表し話題 になりました。それに対して多くの賛否の声が上がりました。一方的にスマホ子守りを悪にする 感じに違和感を持たれた方が多かったようです。

実際どのくらいの児がスマホを利用しているのでしょうか?「子どもたちのインターネット利用に ついて考える研究会」は、平成28年に行ったアンケート調査で、1歳児の41%、3歳児の60%、 6歳児の74%に利用経験があり、利用を始めた年齢は2歳が最も多く、8割の子どもが3歳までに 始めていました。小さな子どもがスマホなどを使用することへの懸念(図)は、視力への影響 を心配される方が6割と最も多く、9割を超える保護者は何らかの影響を心配しています。

0~3歳の成長に言葉による応答はとても大切です。一方的に刺激を与えてくるスマホなどは 言葉や表現力の発達に影響を及ぼす恐れがあります。低年齢からスマホを持たせていることには さまざまな危険が潜んでいるようです。

小児科コラム小児科コラム
保育士求人

Copyright © 2020 北見市 小児科 秋山こどもクリニック

小児科HOMEへ戻る